古民家の平屋は柱や基礎への負担が少なく、床が傾くなどのトラブルが少ないため人気です。

リノベーションに適した古民家の選び方

リノベーションに適した古民家の選び方は、建物そのものに魅力や耐久性がある物件と、立地が良い物件の2つのパターンがあります。
今回は、フルリノベーションではなく比較的簡単なリフォームで快適に住める古民家の特徴と選び方のポイントをまとめました。

 

 

昔ながらの太い柱や梁がある

古民家の内装

最新のリフォーム技術は古民家を新築そっくりな綺麗な家に仕上げることもできますが、せっかく古民家を買ってリノベーションするのであれば、古民家らしさを残すことが望ましいです。

 

柱や梁が太い古民家は建物の強度が高いですし、あえて柱や梁を剥き出しにしたレイアウトにすることで、古民家らしさが際立ちます
昔の家は玄関の梁に一本物の太くて大きな木を使うなど、使用する材料にこだわっている物件が多いです。
古民家の物件を内覧で回る際は、柱や梁の違いをチェックしておきましょう。

 

 

平屋が人気

平屋は家の中に階段がなく、家族との距離が近い古民家で人気のスタイルです。
老後の生活に平屋をバリアフリー化にする方や、家族との距離を縮めるために平屋に引っ越す子育て世代が増えています。
平屋はリフォーム費用を安く抑えやすく、柱の欠陥など大きなトラブルが少ないです。

 

古民家は最近の住宅では主流になったベタ基礎を使用していることが少なく、基礎の耐久性の負担があります。
平屋は築年数が古い割に柱や基礎への負担が少ないので、床が傾くなどのトラブルリスクが低く、古民家の中でも人気の条件です。

 

 

外壁・屋根の状態が良い

古民家のリフォーム費用は、内装よりも外壁や屋根の方が高額になるケースがあります。
特に伝統工法の瓦屋根の家や、雨漏れなど根本的な欠陥を抱えている家は注意してください。
普通の家の外壁・屋根のリフォーム費用で収まると思っていると、思わぬ高額見積で驚く場合があります。

 

内装よりも外壁などのリフォーム費用の方が、工法や状態によって料金の差が出やすいです。
古民家を取得する前に状態の確認や概算見積を取得をしておくとよいでしょう。

 

 

残せる設備が多い

古民家はフルリノベーションではなく、元からある設備を残すことで古民家ならではの風情が出ます。
囲炉裏やふすま、ドアなど元から付いている古民家の設備を活かしつつ、適度に手を加えて最新設備と昔ながらの設備の融合を目指すスタイルが人気です。
お風呂やキッチンも最新のシステムキッチンやユニットバスに変えるのではなく、古民家らしさを残してみましょう。

 

ただし、風情を重視しすぎて快適性を損なってしまうと住んでから後悔します。
新築よりかはちょっとだけ不便な状況までは受け入れるにしても、お風呂が寒かったり、食事をするのに必要以上の時間と手間を費やしてしまう環境は回避するとよいです。

 

地域によってはリノベーションして古民家に住んでいる家の見学ツアーを行っているケースがあります。
色々なリノベーション事例や実際に古民家に住んでいる人からの口コミを参考にリノベーションプランを立てると、住んでみてから後悔するリスクが軽減されます。

 

古民家だからこそ得られるメリットというのもやはり魅力的ですよね。
古民家リノベーションのメリットについて詳細はこちらのページをご覧ください!

古民家のメリット
TOPへ