古民家の購入費用と改修工事にかかる金額の相場を確認しましょう。

費用相場と安く抑えるポイント

古民家を買おうとしている方は、費用を少しでも安く抑えたいと思っている方が多いでしょう。
今回は古民家を取得する際の費用相場と安く抑えるポイントを紹介します。

 

 

相場は1,000万円台

古民家の売り物件情報を見ると数百万円程度の物件が多数出ています。
建物が古くて歴史的な建造物ではない場合、基本的に建物価格は0円で土地代のみで取得できます
そこからリノベーションなどの改修工事を500~1,000万円かけて、総額1,000~2,000万円にまとめる方が多いようです。

 

もちろん相場はピンキリでタダ同然の古民家を買って手を加えずに住む人もいれば、総額3,000万円以上の費用をかける人もいます。

 

物件が安すぎる場合は重大な欠陥を抱えている可能性があるので、自費で建物検査を受けてみるなど売買契約前に総額でいくらかかるか把握しておくようにしましょう。

 

 

安く古民家を買うテクニック集

ここからは古民家を安く買うテクニックを紹介します。
簡単に実践できるものばかりなので、限られた予算の中で古民家を取得したい方は参考にしてみてください。
基本的に移住する地域の選択肢が広い人ほど、安くて魅力的な古民家を見つけられる可能性が高いです。

 

 

数年前に改修した物件

改修済の古民家

数年前に改修した古民家は、大半が個人が移住目的に改修をしたけど、住んでみて古民家暮らしを挫折して売りに出しているものです。
このほかにもリノベーションをしてトイレやキッチンが新品の状態で売りに出ているリノベーション済み物件もありますが、売るためにリフォームしている物件は販売業者の利益が上乗せされています。

 

物件数自体は多くないですが、個人が改修して一定期間住んでから売りに出した物件は総額を安く抑えやすく、値引き交渉の余地が大きいです。
古民家は現状渡しの物件を買って自分好みにフルリノベーションできるのも魅力ですが、手を加えないで住める物件を狙うことで総額を安く抑えられる場合があります。

 

 

自治体が移住支援をしている地域

過疎化と増加する空き家問題から、移住を促進している自治体が全国で多数あります。
古民家を対象に補助金・助成金を出したり、融資の優遇制度を用意しているケースもあるのでチェックしてみてください。

 

なかには、移住すると仕事や一定期間の収入を保証されるケースもあります。
田舎暮らしを受け入れられる方は、まずは自治体からの支援が大きい自治体を中心に、物件を取得する地域から絞り込んでみましょう。

 

 

DIYをする

古民家をDIY

古民家で快適に住めるようにするには改修しないといけませんが、工務店やリフォーム業者ではなく、できることを自分でやれば費用を安く抑えられます。

 

昨今はYouTubeなどの動画でDIYのやり方を教えるものや、浴室やキッチンなどの本体を通販サイトを通じて自宅まで届けてくれるサービスが増えています。
大がかりなDIYは失敗するリスクもあるので、無理せず難しい部分はプロに任せることも大切ですが、素人が地道にDIYをして古民家を完成される事例が多いです。

 

取得費用や維持費が安いので、取得してから週末DIYをして移住する方や、最低限の住める環境を作ったら、住みながら家を作っていく方もいます。
DIYして古民家を再生すれば、より愛着のあるマイホームになりますよ!

 

TOPへ