リノベーション済物件は住む時のイメージを掴みやすく、後から後悔するリスクが低いです。

リノベーション済の古民家と比較

古民家を買う時は現状渡しの格安物件を買って改修する方法と、既にリノベーション済の古民家を買う方法があります。
それぞれの特徴をご覧ください。

 

現状渡し リノベーション済み
物件数 多い 少ない
建物価格 安い 高い
カスタマイズ性
項総額 まちまち まちまち

 

一般的な中古マンションではリノベーション済物件が多いですが、戸建て住宅の古民家は現状渡しの比率が高いです。
地域や立地にこだわりがある場合は、選択肢が豊富な現状渡し物件を選ぶと良いでしょう。

 

 

総額はどっちがお得?

古民家リノベーションの金額を比較

リノベーション済の古民家と比較する場合、気になるのが総額でどちらがお得になるかです。

 

リノベーション済の古民家の割安感は、業者が再販を目的にしてリノベーションをした物件なのか、個人がリノベーションをして一度住んでから売りに出した物件かで大きく変わります。
業者が転売を目的に安い古民家を買って再販する場合、利益を上乗せされているので現状渡しの物件を買って改修するよりも割高になることが多いです。

 

ただし、住宅ローンを組んで買う場合は、リノベーション済の古民家の方が利息を安く抑えられるケースもあります。
また、一度住んでから売りに出した古民家は、価格設定を個人である売主が行うので、一部で割高な価格設定をしているケースも見られます。
リノベーション済と現状渡しの双方で、適正価格であることを見極めることが大切です。

 

 

補助金・助成金の有無

自治体によっては古民家の改修費用に対して補助金・助成金や利子補給制度を用意している場合があります。
支給額の相場は20~50万円程度なので、フルリノベーションを前提にすると微々たるものになりますが、自治体からの支援がある地域は現状渡しを選ぶ価値が大きいです。

 

人口が減少中で郊外の過疎化が進む日本では、古民家や空き家の改修補助を行う自治体が多いので、中古マンションに比べて古民家は現状渡しの需要が高くなっています。
(参考記事:古民家・空き家リフォームの補助金や助成金)

 

 

リノベーション済物件は無難?

業者がリノベーションをして転売する物件は価格が割高ですが、古民家の再生を得意にしている専門業者は移住者の傾向を分析して万人受けする仕様にしています。

 

現状渡しの物件は、購入して改修工事をしてから住んだ結果、住みにくく感じてしまうリスクがありますが、リノベーション済物件は後から後悔するリスクが低いです。
内覧した時点で住む時のイメージをしやすいのもリノベーション済物件の魅力です。

 

なお、一部では住みにくいリノベーションをしてしまったことを理由に売りに出ているケースもあります。
全体的な傾向ではリノベーション済物件は無難だと評価できますが、問題点がないかしっかり確認した上で検討しましょう。

 

TOPへ